Miaki Ishii 石井水晶
Email: ishii (at) eps (dot) harvard (dot) edu
Professor of Earth and Planetary Sciences

Harvard Seismology Group
Department of Earth and Planetary Sciences
Harvard University


English Version (英語)

研究内容

私は、地震エネルギーの記録を利用して地球の内部構造の解明や、地震の特性を研究しています。X線(CTスキャン)やMRIが身体を物理的に傷つけることなく人体内部を視覚化できるように、様々な地球物理学的データは、測定機器を地球の深部に設置しなくても内部構造の図式化を可能にします。 地震計によって集められる情報は、このような研究に特に適していて、様々な視点から地球の内部構造を見ることを可能にしてくれます。また、これらのデータには地震エネルギーの源、即ち、地震を発生させた断層のズレを解明する手がかりが含まれています。

研究成果の一部を以下に列挙しています。

略歴

経歴
2013年-現在 Professor, ハーバード大学 地球惑星科学
2010年-2013年 Associate Professor, ハーバード大学 地球惑星科学
2006年-2010年 Assistant Professor, ハーバード大学 地球惑星科学
2003‐2005年 Green奨学研究員, カリフォルニア大学サンディエゴ校 スクリプス海洋研究所
2003年 客員研究フェロー, カリフォルニア大学ロサンゼルス校地球宇宙学科
2003年 Ph.D (地球物理), ハーバード大学地球惑星科学科博士課程修了
           Large-Scale Structure of the Earth's Mantle and Inner Core
1998年 Hon.B.Sc. (物理), トロント大学物理学科卒業
1994年 夏季インターン, チョーク・リバー研究所, Atomic Energy of Canada Limited

賞罰
2012-2013年 IRIS/SSA Distinguished Lecturer、Incorporated Research Institutions of Seismology & アメリカ地震学会
2012年 Kavli Fellow, Kavli Frontiers of Science Program、米国科学アカデミー
2009年 James B. Macelwaneメダル、アメリカ地球物理学連合
2009年 フェロー、アメリカ地球物理学連合
2008年 Charles F. Richter若手奨励賞、アメリカ地震学会
2007年 Most Cited Authors, Physics of Earth and Planetary Interiors
2004年 Alice Wilson賞、カナダ王立協会
2000-2002年 Julie Payette奨学生、カナダ自然科学工学研究機構
1999年 Outstanding Student Paper Award, アメリカ地球物理学連合
1998年 Outstanding Student Paper Award, アメリカ地球物理学連合
1995年 Summer Research Studentship, カナダ自然科学工学研究機構
1994-1998年 カナダ奨学生、カナダ産業省
Miaki <b>Ishii</b> Miaki <b>Ishii</b> Miaki <b>Ishii</b>

研究成果の一部

2012年4月11日スマトラ沖の地震(英語のみ)
日本の広帯域地震観測網のデータを基に得られた2012年4月11日のスマトラ沖地震における破壊の進行(マグニチュード8.6と8.2)。

2011年3月11日 東北地方太平洋沖地震
アメリカのEarthScopeのデータと単純震源遡及法を基に得られた2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震、前震と余震によるプレート境界の破壊進行。

2010年2月27日チリ中部沿岸の地震(英語のみ)
日本の広帯域地震観測網とアメリカのEarthScopeのデータを基に得られた2010年2月27日のチリ中部沿岸地震における破壊の進行(マグニチュード8.8)。

2004年12月26日のスマトラ‐アンダマン大地震
2004年12月26日にインド洋沿岸諸国を襲ったスマトラ‐アンダマン大地震における破壊の進行(高周波エネルギー放出)。
“12月26日のインド洋大地震: 新しい手法によって明らかになる破壊進行 “(Scripps海洋研究所ニュース、英語のみ)

地球内核および最内核の異方性
地球上の対掌位置(震源から180度、即ち地球の反対側)における地震波の解析 により、中心から300kmの最内核の特殊性を推論した。
“新しい地球の中心”(Harvard新聞、英語のみ)

地球自由振動データによる3次元マントルモデル(英語のみ)
マントル内の大規模変化3次元モデルは実体波だけではなく、地球の自由振動からも 求められる。これらのモデルは核とマントルの境界付近で、S波スピードの速い領域と 遅い領域がバルク(液体内でのP波に相当する)スピードの不均質構造と反相関する ことを表している。更に、マントルの深部(2850km)では密度変化 もS波スピードの変化と地域的に反相関する(例えば、太平洋およびアフリカ 大陸内部)。この知見からマントル最下部にはかなりの組成的な不均質構造が存在する ことが推定できる。

論文リスト

  • Kiser, E., & Ishii, M., 2013.
    Hidden aftershocks of the 2011 Mw 9.0 Tohoku, Japan earthquake imaged with the backprojection method.
    J. Geophys. Res. 118(10), 5564-5576, doi:10.1002/2013JB010158.

  • Kiser, E., & Ishii, M., 2013.
    The 2010 Maule, Chile coseismic gap and its relationship to the Mw 7.1 March 25, 2012 earthquake.
    Bull. Seismol. Soc. Am. 103(2A), 1148-1153.

  • Ishii, M., Kiser, E., & Geist, E.L., 2013.
    Mw 8.6 Sumatran earthquake of April 11, 2012: Rare seaward expression of oblique subduction.
    Geology 41(3), 319-322.

  • Kiser, E., & Ishii, M., 2012.
    The March 11, 2011 Tohoku-oki earthquake and cascading failure of the plate interface.
    Geophys. Res. Lett. 39, L00G25, doi:10.1029/2012GL051170.

  • Kiser, E., & Ishii, M., 2012.
    Combining seismic arrays to image the high-frequency characteristics of large earthquakes.
    Geophys. J. Int. 188, 1117-1128.

  • Lucifredi, I., & Ishii, M., 2012.
    A coupled wavenumber integration approach for calculating the wavefield in large-scale laterally varying structures.
    Geophys. J. Int. 188, 195-210.

  • Kiser, E., & Ishii, M., 2011.
    Back-projection results for the Mw 9.0 March 11, 2011 Tohoku, Japan earthquake.
    IRIS Annual Report, 10-11.

  • Ishii, M., 2011.
    High-frequency rupture properties of the Mw 9.0 Off-the-Pacific-Coast-of-Tohoku earthquake.
    Earth, Planets, Space 63, 609-614.

  • Kiser, E., Ishii, M., Langmuir, C.H., Shearer, P.M., & Hirose, H., 2011.
    Insights into the mechanism of intermediate-depth earthquakes from source properties as imaged by back-projection of multiple seismic phases.
    J. Geophys. Res. 116, doi:10.1029/2010JB007831.

  • Kiser, E., & Ishii, M., 2011.
    The 2010 Mw 8.8 Chile earthquake: Triggering on multiple segments and frequency‐dependent rupture behavior.
    Geophys. Res. Lett. 38, L07301, doi:10.1029/2011GL047140.

  • Kiser, E., & Ishii, M., 2010.
    Modeling the 2010 Chile earthquake rupture with USArray.
    inSights, the EarthScope Newletter, fall 2010, 2.

  • Latychev, K., Mitrovica, J.X., Ishii, M., Chan, E., & Davis, J.L., 2009.
    Body tides on a 3-D elastic Earth: Toward a tidal tomography.
    Earth Planet. Sci. Lett. 277, 86--90, doi:10.1016/j.epsl.2008.10.008.

  • Ishii, M., Shearer, P.M., Houston, H., & Vidale, J.E., 2007.
    Teleseismic P wave imaging of the 26 December 2004 Sumatra-Andaman and 28 March 2005 Sumatra earthquake ruptures using the Hi-net array.
    J. Geophys. Res. 112, B11307, doi:10.1029/2006JB004700.

  • Ishii, M., 2007.
    Seismological constraints on the structure of the Earth's core.
    in Superplume: Beyond Plate Tectonics, edited by D. Yuen, S. Karato, S. Maruyama, and B.F. Windley, 31--68, Kluwer Academic Press, New York.

  • Peng, Z., Vidale, J.E., Ishii, M., & Helmstetter, A., 2007.
    Seismicity rate immediately before and after main shock rupture from high-frequency waveforms in Japan.
    J. Geophys. Res. 112, B03306, doi:10.1029/2006JB004386.

  • Walker, K., Ishii, M., & Shearer, P.M., 2005.
    Rupture details of the 28 March 2005 Sumatra Mw 8.6 earthquake imaged with teleseismic P waves.
    Geophys. Res. Lett. 32(24), L24303, doi:10.1029/2005GL024395.

  • Davis, P., Ishii, M., & Masters, G., 2005.
    An assessment of the accuracy of GSN sensor response information.
    Seism. Res. Lett. 76(6), 678-683.

  • Ishii, M., & Dziewonski, A.M., 2005.
    Constraints on the outer core tangent cylinder using normal-mode splitting measurements.
    Geophys. J. Int. 162(3), 787-792, doi:10.1111/j.1365-246X.2005.02587.x.

  • Ishii, M., Shearer, P.M., Houston, H., & Vidale, J.E., 2005.
    Extent, duration and speed of the 2004 Sumatra-Andaman earthquake imaged by the Hi-Net array.
    Nature 435(7044), 933-936, doi10.1038/nature03675.

  • Pysklywec, R.N., & Ishii, M., 2005.
    Time dependent subduction dynamics driven by the instability of stagnant slabs in the transition zone.
    Phys. Earth Planet. Inter. 149(1-2), 115-132.

  • Lay, T., Heinz, D., Ishii, M., Shim, S., Tsuchiya, J., Tsuchiya, T., Wentzcovitch, R., & Yuen, D., 2005.
    Multi-disciplinary impact of the lower mantle perovskite phase transition.
    EOS Trans. AGU 86(1), 1-5.

  • Ishii, M., & Tromp, J., 2004.
    Constraining large-scale mantle heterogeneity using mantle and inner-core sensitive normal modes.
    Phys. Earth Planet. Inter. 146(1-2), 113-124.

  • Ishii, M., & Dziewonski, A.M., 2003.
    Distinct seismic anisotropy at the centre of the Earth.
    Phys. Earth Planet. Inter. 140(1-3), 203-217.

  • Pysklywec, R.N., Mitrovica, J.X., & Ishii, M., 2003.
    Mantle avalanche as a driving force for tectonic reorganization in the south-west Pacific.
    Earth Planet. Sci. Lett. 209, 29-38.

  • Ishii, M., Tromp, J., Dziewonski, A.M., & Ekström, G., 2002.
    Joint inversion of normal mode and body wave data for inner core anisotropy: 1. Laterally homogeneous anisotropy.
    J. Geophys. Res. 107, doi:10.1029/2001JB000712.

  • Ishii, M., Dziewonski, A.M., Tromp, J., & Ekström, G., 2002.
    Joint inversion of normal mode and body wave data for inner core anisotropy: 2. Possible complexities.
    J. Geophys. Res. 107, doi:10.1029/2001JB000713.

  • Ishii, M., & Dziewonski, A.M., 2002.
    The innermost inner core of the earth: Evidence for a change in anisotropic behavior at the radius of about 300~km.
    Proc. Natl. Acad. Sci. USA 99(22), 14026-14030.

  • Ishii, M., & Tromp, J., 2001.
    Even-degree lateral variations in the mantle constrained by free oscillations and the free-air gravity anomaly.
    Geophys. J. Int. 145(1), 77-96.

  • Ishii, M., & Tromp, J., 1999.
    Normal-mode and free-air gravity constraints on lateral variations in velocity and density of the Earth's mantle.
    Science 285, 1231-1236.

Department of Earth and Planetary Sciences / Harvard University / 20 Oxford Street / Cambridge / MA 02138 / U.S.A. / Telephone: +1 617 495 2350 / Fax: +1 617 496 1907 / Email: reilly@eps.hartvard.edu